e-Life News

東村山市のミニコミ紙「暮らしの新聞」WEB版サイト

GWはロボットに触れる

-暮らしの新聞-2015年5月1日号・第1面 ~ゴールデンウィーク特別イベント「ロクトロボットパーク2015」 多摩六都科学館~

多摩六都科学館(西東京市)では、ゴールデンウィーク特別イベントとして恒例となった「ロクトロボットパーク2015」を今年も開催。人気のロボットが大集合!「見て」「動かして」「作って」とロボットに関する体験を用意。子どもから大人まで多くの来場者でにぎわっている。

ロボットが踊る楽しいステージ、操縦体験はイベントホールで

ロボットが踊る楽しいステージ、操縦体験はイベントホールで

地下1階イベントホールでは、ロボットたちのパフォーマンスを見たり、動かして楽しむ体験ができる。ロボットが今話題の曲の振り付けやラジオ体操、ブレイクダンスを披露。「どうしてこんなことができるの?」という子どもたちの疑問にも、わかり易い解説でロボットについて学ぶことができる。小さなロボットが曲に合わせて踊る様子はなんとも可愛らしい。こんなロボットが家にいたら・・と想像するだけでワクワクしてくる。

別会場では工作キットを使って自分のロボットを組み立てる「ロボット工作教室」も開催。参加券がすぐなくなってしまう人気の体験プログラムだ。

また、多摩六都科学館「しくみの部屋」に常設展示されている50年前に作られた貴重なロボット(相澤ロボット)がこの期間だけ動き、当時の設計図も見ることができる貴重なショータイムもある。

50年前の貴重な展示ロボットが、この期間だけ動き出す!必見のショータイムだ

50年前の貴重な展示ロボットが、この期間だけ動き出す!必見のショータイムだ

各プログラムはそれぞれ開催日時スケジュールが決まっているので、詳細はホームページもしくはチラシ(市内図書館情報コーナー)を参照のこと。

【お問合せ】多摩六都科学館▽西東京市芝久保町5~10~64☎042(469)6100▽入館券=大人500円・小人(4歳~高校生)200円、観覧付入場券(展示室+プラネタリウムまたは大型映像を1回)=大人1000円・小人400円、セット券(展示室+プラネタリウム1回+大型映像1回)=大人1400円・小人500円▽休館日=月曜日(祝日の場合は開館し翌日)、祝日の翌日、年末年始▽開館時間=午前9時30分~午後5時(入館は4時まで)▽駐車場=700円(1日)

▽ホームページ=http://www.tamarokuto.or.jp

Comments are closed.