e-Life News

東村山市のミニコミ紙「暮らしの新聞」WEB版サイト

手作りバッグ展示即売会開催

-暮らしの新聞-2010年4月1日号・第2面 ~山本絹子アートバッグスクール~

流行の小袋付き3ウェイショルダー。手前の小袋は取り外してポシェットやポーチにもなる優れもの。

流行の小袋付き3ウェイショルダー。手前の小袋は取り外してポシェットやポーチにもなる優れもの。

 お洒落で機能的なバッグ、しかも手作りとあれば、ファッションに敏感な女性には嬉しいもの。
 久米川駅南口より徒歩5分にあるマイハート学園(校長=山本絹子)は、1年半ぶりに「手作りバッグ展示即売会」を開催する。
 毎回好評のこの展示会、3日間と短い期間にもかかわらず、大勢の来場者で埋め尽くされる。時には会場外に行列ができるほど。世の女性方の”手作り”に対する関心の深さがうかがえる。
 ハンドバッグ、ポシェット、ボストンバッグはもちろん、リュックや今流行の〝小袋のついたバッグ〞など、種類も豊富に展示販売される。
 「最近の教室では、着なくなった和服生地を使ってバッグ作りを楽しんでいる生徒さんが多いですね」とは山本校長。和物のバッグ作りで基礎と生地の扱い方を勉強し、その後、革職人の下でデザイン・革の縫い方・すき方などを学んだ。そんな経験から生まれた山本さんのバッグは、デザインはもちろん、どれも機能性を兼ね備えた「永く使えるバッグ」というのが特徴。そんな山本さんの教室には20代〜80過ぎの方まで幅広い。10年や30年以上続けている生徒さんになると、ファッション雑誌の中から気に入ったバッグの写真を見て、自分で型紙をおこしてバッグを作る人も・・。自分のアイディアを盛り込んで、既製品とは一味違ったバッグを持てるのも手作りバッグならでは。

厚手のタオル地を使ったマイリュックはポケットが9個。ペットボトルと傘が入る脇ポケットが魅力。余った生地でポシェットも。

厚手のタオル地を使ったマイリュックはポケットが9個。ペットボトルと傘が入る脇ポケットが魅力。余った生地でポシェットも。

 現在、スクールの受講生を募集中。教室では経験者・初心者問わず〝作りたいバッグ〞
を作るところから始められるので、教わる側としても楽しくバッグ作りを学ぶことがで
きるのは有難い。もちろん、洋裁未経験者でもOK!ミシンの踏み方から親切丁寧に指
導してくれる。
 バッグ作りに興味のある方は、展示即売会に足を運んで、実際に手作りバッグを見なが
ら話を聞いてみては?
◆アートバッグスクール詳細▽開校日=第1・第2・第3の火・水・木曜日、及び第4土曜日▽時間=午前の部・10時〜正午/午後の部・1時〜3時▽授業料=月額5千円。
※月3回受講制(1回は2時間の授業)。追加受講(半日千円・1日2千円)も可能。授業は好きな開校日と時間を選べます。お気軽にお問合せを!

【お問合せ】山本絹子アートバッグスクール▽栄町2〜16〜20▽☎ (394)4869▽定休日=毎週月・金・日曜日▽展示会会場=ギャラリー木下(久米川駅南口りそな銀行そば/平成22年4月26日(月)~28日(水)まで)

Comments are closed.