親子の絆を深めて食育も

-暮らしの新聞-2012年8月1日号・第2面 “ワークショップ 親子で作ろうカフェプレート”ギャラリーアンドカフェ ベルハウス

331_02_027月25日(水)、久米川駅南口さくら通りに面するギャラリーアンドカフェベルハウスでワークショップ「親子で作ろうカフェプレート」が開催された。

講師は小金井市で「ぽらりす工房」を営む藤本良毅氏。「ものづくりを通じて豊かな感性を育むことが出来れば・・」と、子どものための絵画造形教室も開催している。

今回制作するのは、朝ごはんを盛り付けるカフェプレートと小さなボウル。プレートは、あらかじめ平らにのばされた粘土を好きな形に成形し、仕切りをつけるだけの簡単なもの。自分が作りたいプレートのデザイン画をまず描いて、イメージを作るところから始まった。

四角、丸、ハート型のプレートに、動物や似顔絵など好きなデザインを描いていく。子どもたちの発想は自由だ。難しいと思われる成形も、藤本氏の説明に耳を傾けながら黙々とこなしていく。お母さんも自分の作品を作りながら、子どもたちの作業を傍らで見守る。

約2時間ほどでプレートとボウルの成形が完成。この後乾燥し焼成されて出来上がる。8月22日の引渡し時には展覧会も行なう。

乾燥後に焼くと白くてかわいいプレートに変身する

乾燥後に焼くと白くてかわいいプレートに変身する

親子で楽しく作ったプレートで、朝ごはんを食べれば、子どもたちもきっと残さずしっかり食べてくれるはず。食育も兼ね、充実した内容のワークショップだった。

ベルハウスでは今後も親子、大人を対象とした心を豊かにする様々なワークショップを企画していくという。

【お問合せ】ギャラリーアンドカフェ・ベルハウス☎(396)8763