階段でも、法事の正座でも、ひざは大丈夫!

-暮らしの新聞-2010年6月1日号・第2面 “痛くない整体”東村山からだ快福院

痛くない整体『からだ快福院』には、体の不調を訴えて老若男女問わず大勢の方が市内はもとより近隣の市からも来院する。今回紹介するのは、東大和市在住のHさん69才。

 Hさんは数年前から左ひざに痛みを感じるようになった。階段の上り下りで痛み始め、やがて普通に歩いても・・。正座はなおさらで、趣味の囲碁も椅子に腰掛けて打つようになる。
 住まいはエレベーターがない集合住宅の3階。外出時の階段が辛くなり、次第に閉じこもりがちになっていった。そんなHさんを見かねた友人に勧められて「からだ快福院」へ。
 「来院されたHさんは、外見から分かるほど左ひざに変形が生じていました」と吉野院長。「ひざに痛みを訴えて来院する方の多くに骨盤の歪みがあります。Hさんも同様で、上下と前後に骨盤の歪みがあり、ひざへの負担がかかる姿勢になっていました。さらに痛みを出さないよう左ひざをかばう歩き方が、下肢から腰の強張りを生じさせていました」
 からだ快福院では、その優しい施術によって、骨盤の歪みを正し、筋肉の強張りを解消していく。Hさんの場合は、8回目の通院を過ぎる頃から、ひざの屈伸時の痛みが軽減し、階段の上り下りも楽になってきた。18回目の施術後、郷里で法事があり、階段や正座の問題も心配されたが、無事にそれらを克服できたという。
 徐々に改善する体を実感しながら、「正座をして大好きな囲碁を打つことが次の目標」と語るHさんには以前のような笑顔が戻っている。
【お問合せ】東村山からだ快福院▽本町4〜12〜43※P有▽☎(392)4728▽受付時間=午前9時〜午後8時(完全予約制)▽定休=日曜・祝日

「痛みのなかった頃の体に戻します」吉野誠一院長(左)・友深副院長(右)

「痛みのなかった頃の体に戻します」吉野誠一院長(左)・友深副院長(右)